急に自分の両親や親族、友人が亡くなったけれど喪服もないし帰省費用、御仏前も準備ができない、とか結婚式の案内が来ているけれどもご祝儀が出せない、とか二次会が続いてしまい新しいドレスの購入や二次会費用がかさんで赤字だ、というような状況は起こらないとは言えないものです。

特に、ここ最近は不況の影響から正規雇用として働けている人の数は限られています。契約社員であったりフリーターであったりすれば月々の収入は平均よりも少ないですし、ボーナスや残業代が十分にもらえていなかったり、保険の保障が少なく自分で支払いをしているということもあります。また、それだけでなく仕事を続けられないような状態に陥っていて休職中というようなこともありえるのです。

このように自分自身がお金に不自由をしていたとしても、冠婚葬祭というのは関係なく訪れます。とても近しい友人の結婚式であれば、少し早めに結婚する旨を教えてもらえ少しずつお金の準備もできますが葬儀については突然なことも多く、急に数十万円というまとまったお金が必要なこともあるのです。そこで、キャッシングを利用して、一時的に赤字になる状態を助けてもらおうと考える人が増えています。