冠婚葬祭は自分のものでも人のものに出席するのでも多くの費用がかかります。例えば自分の結婚式の場合には、相場として350万円かかると言われており、葬儀についても同じくらい必要であると言われています。これだけのお金を突然出せと言われても、誰もが用意できているとは限らないものです。

また、結婚式に出席するとなれば、同僚や友人ならばご祝儀は3万円が相場です。最近は2万円でも良いという風潮も出てきつつありますが、それでもやはり避ける人が多いです。そして、ご祝儀だけでなく往復の交通費も必要ですし、式に来ていくための服も必要です。男性も日頃のビジネススーツとは別の冠婚葬祭用のものを用意する必要がありますし、女性はいくつかのドレスを購入しておく必要があります。さらに女性は結婚式当日のヘアメイクや着物の着付けといった費用も必要です。このように自分の冠婚葬祭でも人の冠婚葬祭でもその費用というのはかなりのものになるのです。

年齢が20代の後半に差し掛かってくると、結婚式の件数が一気に増えます。ラッシュと言われる時期が来て、毎週のように結婚式や二次会に呼ばれることもあります。そうすると結婚式の費用やドレス、美容院代に多くのお金を準備する必要が出て来ます。毎月の生活もありますし、自分の欲しいもの、したいこともあります。うまく費用が捻出できないということも出てくるのです。そのような時、一時的にお金が不足する時にはキャッシングを検討する人もいます。