キャッシングの利用方法

キャッシングを利用するにも、すぐにお金が必要なのに間に合うのかと不安に思う人も多くいます。最近は即日での借り入れが可能な消費者金融も増えているので、お葬式の参列のような急な場合にもキャッシングを利用できることも多いです。とはいっても、借りることを決めて融資が実行されるまでにはある程度時間がかかります。

インターネットや窓口での融資であれば、当日中の融資には受付時間が決められています。人によっては審査に時間がかかることもありますし、窓口が込み合うこともありますから、すぐの融資を希望する場合には極力早い時間に審査申し込みをするべきです。

また、審査の内容は消費者金融によって異なります。誰もが必ずお金を借りることができるわけではなく、審査に通ることが必要です。雇用形態が正社員以外であったり借家に住んでいたり、勤務期間が短かったりすれば審査が通らないこともあります。そのような時には他の消費者金融に新たに申し込みが必要となるので、その時間も計算にいれて早めに行動することが望ましいです。

最後に、キャッシングをすれば必ず返済が必要です。借りる際には慌てていて冷静に考えられず無理な返済計画を立ててしまいがちです。借りる前こそ冷静になってきちんと返済できる金額のみ借りいれるようにしましょう。

関連サイト|≪即日融資可能な消費者金融:ノーローン

冠婚葬祭とキャッシング

急に自分の両親や親族、友人が亡くなったけれど喪服もないし帰省費用、御仏前も準備ができない、とか結婚式の案内が来ているけれどもご祝儀が出せない、とか二次会が続いてしまい新しいドレスの購入や二次会費用がかさんで赤字だ、というような状況は起こらないとは言えないものです。

特に、ここ最近は不況の影響から正規雇用として働けている人の数は限られています。契約社員であったりフリーターであったりすれば月々の収入は平均よりも少ないですし、ボーナスや残業代が十分にもらえていなかったり、保険の保障が少なく自分で支払いをしているということもあります。また、それだけでなく仕事を続けられないような状態に陥っていて休職中というようなこともありえるのです。

このように自分自身がお金に不自由をしていたとしても、冠婚葬祭というのは関係なく訪れます。とても近しい友人の結婚式であれば、少し早めに結婚する旨を教えてもらえ少しずつお金の準備もできますが葬儀については突然なことも多く、急に数十万円というまとまったお金が必要なこともあるのです。そこで、キャッシングを利用して、一時的に赤字になる状態を助けてもらおうと考える人が増えています。

冠婚葬祭の費用

冠婚葬祭は自分のものでも人のものに出席するのでも多くの費用がかかります。例えば自分の結婚式の場合には、相場として350万円かかると言われており、葬儀についても同じくらい必要であると言われています。これだけのお金を突然出せと言われても、誰もが用意できているとは限らないものです。

また、結婚式に出席するとなれば、同僚や友人ならばご祝儀は3万円が相場です。最近は2万円でも良いという風潮も出てきつつありますが、それでもやはり避ける人が多いです。そして、ご祝儀だけでなく往復の交通費も必要ですし、式に来ていくための服も必要です。男性も日頃のビジネススーツとは別の冠婚葬祭用のものを用意する必要がありますし、女性はいくつかのドレスを購入しておく必要があります。さらに女性は結婚式当日のヘアメイクや着物の着付けといった費用も必要です。このように自分の冠婚葬祭でも人の冠婚葬祭でもその費用というのはかなりのものになるのです。

年齢が20代の後半に差し掛かってくると、結婚式の件数が一気に増えます。ラッシュと言われる時期が来て、毎週のように結婚式や二次会に呼ばれることもあります。そうすると結婚式の費用やドレス、美容院代に多くのお金を準備する必要が出て来ます。毎月の生活もありますし、自分の欲しいもの、したいこともあります。うまく費用が捻出できないということも出てくるのです。そのような時、一時的にお金が不足する時にはキャッシングを検討する人もいます。